瓦の名称



***

古代の瓦話の前に、それぞれの瓦の名前や位置、現代の瓦との簡単な比較のお話を少しだけ

***




本瓦葺きの軒先
  近年良く見受ける青や茶色など様々な色を持った瓦は、「桟瓦(サンカワラ)」と呼ばれるもので、江戸時代に滋賀県の西村半兵衛と言う人によって開発された、言わば本瓦の「軽量・大量生産版」と言える、丸瓦と平瓦の一体化を図ったものです。 この桟瓦の出現は、瓦の普及にかなり貢献し、日本家屋と言えば瓦を連想しますが、殆どの屋根に瓦が乗っている状況は、歴史的にはまだ比較的新しい現象のようです。
 古代寺院の屋根は、今では有名寺院や旧家などで目にする程度になってしまった「丸瓦」と「平瓦」を主にした「本瓦葺き」と言われるものです。



平瓦の重なり
 丸瓦は主に半円筒形で、重ねて葺く工夫として、「一方に向かって細く作られたもの(行基葺き・無段式)」と、「段を作ったもの(玉縁式・玉口式・有段式)」の二種類が見られます。

 平瓦は、台形板状が少し湾曲した形になります。狭幅の方を屋根の軒側に向けて重ねて葺いてゆきます。

《軒瓦

半瓦当
帝塚山大学考古学研究所附属博物館
・軒丸瓦
 屋根に葺く丸瓦の一番軒側に置かれる瓦が「軒丸瓦」で、丸瓦の一端に瓦当(ガトウ)と呼ばれる平らな部分を持っています。瓦当は、円形のものが良く知れられていますが、これ以外にも半円形の瓦当(半瓦当)のものや、四角の瓦当(方形瓦当)なども稀にあります。

一般的な軒丸瓦


・軒平瓦
 平瓦も軒先に置かれるものを「軒平瓦」と言い、これにも「瓦当」が付けられています。
 しかし、初期の飛鳥寺には軒平瓦はなく、滑り止めとして平瓦の広端の方を手前に向けて(通常の平瓦とは反対向き)葺かれたようです。

一般的な軒平瓦



《道具瓦》
 鴟尾(シビ)や鬼瓦(オニカワラ)など、装飾的要素が強い瓦を「道具瓦」と呼びます。



・鴟尾・鯱鉾
  「鴟尾」は、建物に威厳を持たせる為に瓦を重ねて大棟の両端を反り上がらせていた名残だともいわれています。
 初期の鴟尾には、その殆どが羽飾りのような文様が施されていて、これらは鳳凰の羽の姿を模したものだという説が最も一般的なようです。
 古くは大陸の壁画にもあらわされていますが、その起源は定かではありません。

法輪寺
 また、唐招提寺金堂では「鮪」の文字が当てられていることから魚だとする説もあり、奈良時代の史料にはその形状からでしょうか「沓形(クツカタ)」とも表記されています。
  ・・・鴟尾の各部名称はこちら


法起寺・講堂
 「鯱(シャチ)・鯱鉾(シャチホコ)」は、鴟尾と同じく大棟の両端に乗っていますが、これは室町時代に城郭建築が始まってからで、明らかに魚をあらわしています。木造建築で最も恐ろしい火災に対するマジナイの意味もあったのでしょう。



・鬼瓦・鬼板

豊浦寺
 「鬼瓦(鬼板)」は、鴟尾と同じ大棟の両端や降り棟(屋根の登頂から軒先に向って下りてくる部分)に置かれます。
 初期の鬼瓦は鬼板とも言われ、左の画像のように、軒丸瓦等と同じような蓮華紋が施されているものもあります。

 右は、斑鳩寺からは出土した手彫り蓮華紋鬼板の復古瓦になります。出土品には、割付痕と思われる筋やコンパス状の線描きが見られるようです。

 また、初の瓦葺き宮殿であった藤原宮からは、重弧紋と言うUの字を逆さにした突線の施された物が出土しています。

法隆寺・宝蔵院にて

興福寺
 その名のとおり、鬼のような獣面があらわされるようになったのは、奈良時代頃からになるようです。これも、鬼の全身像と思える物から鬼面だけに、その表現も平面的なものからより立体的なものへ、角の数も一本から二本へ変化していきます。般若のようにも見える立体的な鬼瓦は、室町時代頃の登場になるようです。

左のように降り棟に二つ置かれた鬼瓦は、下から「一の鬼・二の鬼」と呼ばれます。



・垂木先瓦(タルキサキカワラ)
 屋根の軒線と平行に並んでいる部材の事を「垂木」と言い、この先に腐食防止の為に付けられた瓦を「垂木先瓦」と呼びます。

四天王寺
 この垂木先瓦は、軒丸瓦と同じ文様であることが多いようですが、角材を用いた垂木には、当然四角いものが取り付けられましたし、飾金具が取り付けられる場合もありました。(大官大寺使用例)


垂木飾金具・法隆寺金堂初層
  現在、垂木先瓦を使用している寺院は少ないようです。伽藍の整った有名寺院では、大抵は四角い垂木に金色の飾金具が使用されています。
 展示品等で、軒丸瓦よりも小ぶりで真ん中に釘止め用の穴が空いていれば、垂木先瓦だと思って頂けばいいんじゃないでしょうか。(たぶん・・・)



・留蓋(トメブタ)
屋根の角の所にちょこんと乗っていて、その形に比較的遊び心の多い物を「留蓋(トメフタ)」と呼びます。大きな建物ではなく、切妻(キリツマ)と言う基本形の基本の三角屋根の角に乗っかってる事が多いので、山門や民家の塀等にもよく見受けられます。
 




・鳥衾(トリフスマ)隅木蓋瓦(スミキフタカワラ)
 鬼瓦の上に奇妙な物が乗っていたら・・・それが鳥衾です。(笑)大抵は、反り返った軒丸瓦のような感じですが、「立浪(タツナミ)」と言う波をあらわしたものも比較的多いそうです。また、鬼瓦の上にではなく、本来鬼瓦のある位置にこの鳥衾だけの場合もあるようです。

飛鳥寺

法然寺 photo by風人さん
 書いて字の如く・・隅木の腐食防止の為に蓋をする瓦です。これもあまり見かけるものではありません。隅木って言うのは、屋根の四隅に突き出た比較的大きめの軒下の部材の事で、その為に垂木同様雨などによる腐食を特に防ぐ必要があったんでしょうね。平瓦を細工して隅木の上に屋根のように乗せた物から、本当に蓋のように覆ってしまう物まで、これも様々なようです。



・獅子口(シシグチ)
鬼瓦の位置にありながらどうも鬼瓦でない・・五角形の箱型で家のようにも見えるものを「獅子口」と呼びます。五角形の屋根の上に軒丸瓦のようなものを三個ほど乗せて、家の壁に当たる部分には、三角系の山形突線が施されているのが通常だそうです。

・熨斗瓦(ノシカワラ)・雁振瓦(ガンブリガワラ)
 大棟や降り棟などの反りを表現する時の積み上げ用(上げ底用?(笑))の瓦です。
熨斗瓦用に作られる時もあれば、平瓦を立て半分にして転用される場合もあるようです。これは・・・装飾性というより、装飾的にするための裏方さんになるのかもしれませんね。


 大棟や降り棟の熨斗瓦の上に屋根のように乗せられている瓦です。
 古代は、丸瓦や平瓦を転用されることもあったと言う事で、いつ頃から雁振瓦が作られるようになったのかもわかっていません。でも、この瓦は比較的簡単に目にすることが出来るようです。大棟や降り棟ではなく、現在民家の塀の上に乗ってる屋根状の瓦は、大抵この雁振瓦になるんだそうです。



・面斗瓦(メントカワラ)
 丸瓦と平瓦で葺くと、屋根の天辺(大棟の根元)や降り棟との合流箇所の平瓦の上にだけ隙間が出来ます。漆喰などで簡単に処理されることもあるようですが、より丁寧に作る場合には、「面斗瓦」が用いられました。これも、装飾性というより・・化粧用といった感じがします。
 これは、瓦葺きの塀などで比較的間近に見ることができます。

四天王寺



・施釉瓦(釉薬瓦)
 釉薬をかけた瓦(施釉瓦)の登場は、奈良時代頃で「続日本紀」に平城宮の東院に「瑠璃の瓦が葺かれた」とあり、出土も平城京内の寺院がその殆どを占めています。施釉の技術は当時、中央が握っていたことになるのでしょう。出土量の圧倒的少なさから、素焼きの瓦のように屋根一面に葺かれることは少なく、アクセントとして使われたと考えられます。
 また、燻し瓦(鉛筆の芯のような色をした瓦(^^ゞ)も安土桃山時代に中国(明)から伝わったとされていて、初期の瓦は、素焼きの極々シンプルな物です。

*******************************************
藤原道長が平安宮豊楽殿の鉛製の鴟尾を降ろさせ、釉薬の原料にしようとしたらしい、と言う話も残っています。
*******************************************


《その他の名称》
 資料に見える各瓦の名称は、上記以外にもあります。職人用語的なものが多く、不明な部分がまだまだあるということですが、極一般的なものだけ次に上げておきます。
 丸瓦・・「男瓦(オガワラ)」
 平瓦・・「女瓦(メガワラ)」
 軒丸瓦・・「鐙瓦(アブミガワラ)」
 軒平瓦・・「宇瓦(ノキガワラ)」
 熨斗瓦・・「堤瓦(ツツミガワラ)」
 鴟尾・・「沓形(クツガタ)」


*******************************************
 本来の用途は、建物の保護であった筈の瓦。機能のみを追及した結果とは思えない発展の仕方。人間の力ではどうしようもない自然現象に対する古代の人々の畏怖の念が随所に見える装飾的な道具瓦。寺院建築に始まった瓦の使用は、宮を始めとする官の建物へ、やがて時代の移り変わりとともに城郭建築で新たな発展を遂げ、その後日本家屋と言えばが瓦葺きと言われるまでに普及していきます。
*******************************************



2014.8.14.画像追加&修正
2005.4.11.蓮華紋鬼板の画像を追加